ためになるアドバイス


子どもたちに勉強を教える仕事、家庭教師。 いまや男女問わず、大学生に人気のアルバイトである仕事ですが、実は悩み事が尽きないと言われています。 では、どのような悩み事を抱えているのでしょうか?その悩み事とは、主に言葉に関しての問題です。


子どもたちにどのような言葉を使って話せばいいのか悩んでしまう、というケースが意外と多いのです。 子どもたちはやはり、先生のマネをして言葉を覚えてしまう事もあります。 なるべく、正しい言葉を使ったほうがいい、と気負ったり、あるいは間違った言葉を使ってしまっていないか気になったり、さまざまな不安があるというのです。 実は、ベテラン家庭教師のアドバイスによるとコツがあると言います。 では、そのコツとは一体どのようなものでしょうか?それは、自分に当てはめてみる、という点です。


例えば「褒め言葉」一つにしても、どんな風に褒めれば勉強をもっとしたい!と思ったり、より嬉しく感じるのか、と自分に当てはめて考えてみるのがポイントになるそう。 自分が言われて嬉しい言葉は少なくとも嫌がられるという可能性は低いのです。 どんな言葉を使うか悩んだ時はぜひ、自分の心に一度その言葉をかけてみてください。


≪家庭教師関連サイト≫
家庭教師として気を付けなければならない言葉などはやはりベテランで経験豊富な家庭教師がいいです。そんなベテランの家庭教師が多いサイトです。
・・・ 家庭教師 ベテラン